制度の対象外となる場合

政府保障事業制度というのは、自賠責保険の適用対象とはならない無保険車事故やひき逃げ事故などの被害者に対して、政府が加害者にかわって損害に相当する金額を立て替え払いしてくれる制度のことです。
基本的には自賠責保険が使えない場合の最終手段ということになりますので、健康保険や労災保険による給付によってもなお損害が残る場合というのが条件となります。
この制度は、そのほかはおおむね自賠責保険による保険金の支払基準に準拠していますので、完治するようなケガであれば120万円、後遺障害が残る場合は4,000万円、死亡してしまった場合は3,000万円といった限度額の範囲内で、適切な金額が支払われることになります。
ただし、自賠責保険が適用されない場合であっても、政府保障事業制度のほうも同時に対象外となってしまう場合があり、例えば、道路沿いの電柱にみずから自動車を衝突させてケガをしたような、自賠責保険でも適用の対象とはならない自損事故が挙げられます。
また、自損事故ではないにしても、信号待ちの自動車に後ろから突っ込んで事故を起こした場合のように、運転していた本人のほうに一方的な過失があるような事故についても、やはり支払いを受けることができません。

Filed under: 政府保障事業制度 — ろまん 10:46 PM