法定限度額とは?

政府の行う自動車損害賠償保障事業は、自賠責保険について規定しているのと同じ法律のなかで規定されているもので、加害行為をした自動車が誰のものであるのかが明らかでないなどの事情があるために、正規の自賠責保険による損害賠償が受けられない被害者のために、特別に設けられている制度です。
この制度で「法定限度額」とよばれているものは、被害者に対して支払われる金額の上限を示すものであり、法律のなかでは政令によって定められた金額として指定されています。
このため、具体的な金額については、自動車損害賠償保障法施行令や国土交通省告示のなかに記載があり、自動車事故にともなう傷害については120万円まで、死亡については3,000万円まで、後遺障害については4,000万円までというのがその金額になります。ただし、一般的な障害については3,000万円が上限であり、神経系統を損傷して常時の介護が必要になったなどの特別重度の場合についてのみ4,000万円となっています。
こうした限度額については、実は自賠責保険で定められている上限額をほとんどそのまま引き継いだものであり、あくまでも自賠責保険が何らかの理由で受けられない人への措置というスタンスが貫かれています。

Filed under: 政府保障事業制度 — ろまん 10:45 PM