補償の仕組み

政府保障事業とは、国の法律の規定にもとづいて、自賠責保険または自賠責共済の対象とはならない自動車事故の被害者について、傷害、後遺障害、死亡といった損害を補償して救済を図るため仕組みのことをいいます。
本来であれば、自動車事故で人身に対する被害が発生した場合には、自賠責保険や自賠責共済で対応すべきものですが、加害者の車両がわからないひき逃げ事故、保険に加入していない自動車が当事者となった無保険車事故などの場合には、被害者を救済することが制度上難しくなっています。
次善の策として、健康保険や労災保険を適用してこうした被害者を救済するという手段もありますが、これにも給付される金額には限りがあるため、やはり充分であるとはいえません。
そうした状況を踏まえての最終的な手段がこの制度であり、法定限度額とよばれる上限金額の範囲内で、政府が加害者にかわって被害者の救済に乗り出すというのがその趣旨となっています。
そのため、もし制度によって一定の金額が被害者に対して支払われたひき逃げ事故について、加害者が後から見つかったといった場合には、政府がその加害者から、損害賠償にあたる金額を求償するということが可能な仕組みになっています。

Filed under: 政府保障事業制度 — ろまん 10:45 PM